PEOPLE 05 仕事を知る!生き方を感じる! 空手道のごとく。
強くしなやかに。
KARATE WAY LIFE
×
DRAMATIC HUMAN WORK

一瞬一瞬の勝負勘を大切にしながら、
一方で肩の力を抜いて自然体の境地で行く
楽しい人生を。

小学校1年生からずっと空手を続けています。流派は松濤館流。この空手を通じて養ってきた「しなやかな強さ」が僕の生きる上での礎となっています。空手に「型」があるように、生き方にも理想の「型」があると僕は思っています。そういう意味で、ここアービックでの日々は僕にとっての最優の「型」、つまり「人生のベストモデル」を構築できる場所であると信じています。

不動産賃貸営業の極意は何か?それはお客さまの求めることを、求める前にやることで、心をつかむことだと僕は考えています。例えば、この部屋を気に入っている!と察したら、すかさず「部屋の寸法を測りましょうか?」とメジャーを差し出す。あるいは気に入らなかったら、すぐにセカンド提案の物件へと案内するなど、繊細に気配を感じて、発言・行動するようにしています。まるで相手の心の動き、体の動きを一瞬で読んで対応する空手道のようですね(笑)。まだまだ「型」にまでは昇華していませんが、この察知力と対応力を磨いて、自らの営業武器にしていけたら、と考えています。

「真向勝負」と「人生楽しく!」が僕のモットーです。これからもまっすぐに、一瞬一瞬の勝負勘を大切にしながら、すべてのお客さまに喜んでいただくとともに、一方で肩の力を抜いて自然体の境地で行く楽しい人生を歩んでいきたいと思います。

本八幡南口店
片岡アキミロ Akimiro Kataoka
2018年入社。2人の先輩トップセールスマンに教わり、鍛えられながら、着実に成長する。現在は自分なりの営業の「型」の確立を目指して、精力的に活動中。趣味はバレボールと自転車。ライフワークは松濤館流空手。「真向勝負」と「人生楽しく!」をモットーとする。夢は、価値ある経験を積み重ねながら「人生のベストモデル」を構築すること。

自分の未来がパッと開けるような感覚を

抱いたのは、唯一アービックのみだった。

・・・アービックへの入社の決め手は?

 

居酒屋で接遇の王道を学び、家具店で接遇とインテリアコーディネートの感覚を磨き、BARであらゆる世代のあらゆる職種の人々との対話力を身につけ、これらのスキルを総合的に活かす最良の場として選んだのがアービックです。また、僕も通ったJAICのカレッジ生だった社員が多く在籍することも決め手の一つ。なんと入社前に飲み会に招かれ、そこで一気に打ち解けて、緊張することなく、スムーズに仕事を始めることができました(笑)。

 

・・・就活中に感じた他の会社との違いは?

 

社員はもちろん、副社長や社長などの経営層との距離が近いこともあって、「ここでならきっと自分の活躍が会社の成長にもつながり、それが大きなやりがいになる」という将来イメージを、他のどの企業よりも強く抱くことができました。つまり、自分の未来がパッと開けるような感覚を抱いたのは、唯一アービックだったような気がします。

これからもさまざまなお客さまの人生ドラマの

ひと幕に巻きこまれていきたい。

・・・現在の仕事は?

 

入社以来、身近にトップセールスを維持し続ける先輩がいたこと、それが大きいですね。まるで魔法のような提案力でお客さまからの信頼を得て、ことごとく成約へと導くタイプ、あるいは申し込みがキャンセルになっても、そこから即座に別案件の提案で逆転成約を勝ち取るタイプなど、彼らの凄腕の営業現場を傍らで見ながら、短期間で成長できたことが、今につながっています。現在は、先輩たちのいいとこ取りをして、彼らを凌駕する営業になるためのチャレンジを続けています。

 

・・・仕事のやりがいは?

 

いろんな不動産会社をめぐり、審査がなかなか通らないお客さまに対して、粘り強い交渉を続け成約させたケース、当社の休日に地方から訪れたお客さまの部屋探しを休日出勤でフォローして感謝されたケース、あるいは立て続けに成約させたアパートの大家さんから認められ、経営アドバイザーとしても信頼されるようになったケース……等々、一つとして同じ状況はなく、それぞれにドラマがあって、そのドラマのキーパーソンになれる喜び、感動、手応えが今の仕事の醍醐味なのかもしれません。これからもさまざまなお客さまの人生ドラマのひと幕に巻きこまれていきたいですね(笑)。

潤滑油となり、エンジンとなり、

さらには舵取り役にもなる、そんなマルチプレイヤーへ。

・・・今、向き合う最大のチャレンジテーマは?

 

私の目標は副店長になること。店長の右腕として、数字もつくれる、営業もやれる、プレイングマネージャーであり続けたいと思っています。いわゆるNo.2の立場が性に合っているんですね、たぶん。だから店長とチームメンバーの間に立ち、チームパフォーマンスを最大化するための潤滑油となり、エンジンとなり、さらには舵取り役にもなる、そんなマルチプレイヤーを目指します。

 

 

・・・これからの人生への想いは?

 

これからも生涯続けていく空手道で養う「しなやかな強さ」を礎に、もっともっと自分に磨きをかけていきたいと思います。目指すのは、空手道の精神を仕事でも日常生活でも活かしながら、「人間力」というものを高め、深め、極めていくことです。いつか達人の領域へ。そして生涯を終える時に「良い一生だった」と言えるように、この一瞬一瞬を、この一日一日を悔いなく過ごしていこうと考えています。

 

 

・・・最後にこれから入ってくる人たちへのメッセージを。

 

ここには本当の意味での仲間がいます。オンでもオフでも一緒に過ごすことが多く、絆も本物です。仕事をする上で大切なのは、誰と働くかということ、そして誰とともに成長するかということだと僕は思います。ぜひ皆さんもここで僕たちと一緒に人生を思い切り楽しみましょう。まずはアービックの門を叩いていただき、自分の未来がパッと開けるような感覚をぜひ一度味わってみてほしいと思います。待っています。

My Private Life Scene

松濤館流空手を通じて、しなやかな強さを磨く。

小学校1年生からずっと空手を続けています。流派は世界最大、最強と言われる松濤館流。過去に全国大会で3位入賞の実績があります。型が重んじられ、「低い立ち」「低い姿勢」から大きな技を繰り出すのが特徴です。心身ともに「しなやかな強さ」が身につき、感覚が研ぎ澄まされ、それが日常生活でも活きているのは、この空手修練のお陰だと思っています。

母の影響で始めたバレーボール。

母がママさんバレーのチームに所属しており、その試合を見て興味を持ったのがきっかけです。現在は地元のチームに加わり、毎週水曜日に汗を流しています。空手で鍛えた反射神経や瞬発力、柔軟性が活きて、みるみる上達するのが楽しくて、はまりまくっています(笑)。目指すのは地域大会の優勝から、より大きな大会へのステップアップです。

RECRUIT

採用情報

豊かな人生の体現を。 アービックとともに。

TOP

PEOPLE 05 仕事を知る!生き方を感じる! 空手道のごとく。
強くしなやかに。
KARATE WAY LIFE
×
DRAMATIC HUMAN WORK
My Private Life Scene